Step 1

オンラインカジノ入門ガイド

オンラインカジノ生活を始めてしまえばとても簡単なのですが、やはり最初はオンカジについて様々な疑問と不安をお持ちだと思います。トップアジアカジノ(TopAsiaCasinos)では、日本人用のオンラインカジノを厳選し、質の高いおすすめのカジノとオンラインカジノ関連情報を発信しています。このページでは、オンラインカジノの疑問を全て解消!「オンカジは詐欺では?」「日本からプレーしたら違法では?」「オンカジノ勝利金に税金対象になるの?」などなど、オンラインカジノ生活を始める前の疑問全てを解消すべく、詳しいガイドをここにお届けします。

Step 1

目次

10

オンラインカジノの始め方

オンラインカジノの流れ【手順】

オンラインカジノサイトに登録する過程から、カジノで遊んで勝利金を出金するまでの流れを全て解説します!

「とりあえずカジノに登録して遊んでみたい!」という方は、【ステップ1~3】迄をお読みください。ステップ4以降は、ウェルカムボーナスを受け取ってカジノで遊び、配当金を出金するまでのステップをみていきましょう!

1

カジノサイトに新規登録しよう

登録する最高のオンラインカジノサイトが見つかったら、さっそく新規登録をしましょう。カジノサイトのメインページにある「アカウント作成」、「サインアップ」、「登録」などの名称をみつけたらクリック!

名前、メールアドレス、電話番号、住所などの基本情報を入力するページに移動します。Eメールと電話番号は、次のステップでご紹介する【メールおよびSMS認証】時と、カジノ側から送られてくるボーナスに関するオファーメールを受け取る際にも必ず必要になるため、現在有効なEメールアドレスと電話番号で登録してください。
👑ベストカジノに登録したい👑

2

メールおよびSMSコード認証する

新規登録にて必要な情報を入力したあと、登録したメールアドレスまたは携帯電話番号に認証コード(SMS認証コード)が届きます。カジノから送信されたリンク(URL)をクリックすることで、ご本人であることが認証出来、アカウント作成完了となります。これで、このカジノサイトの登録者となりました。

※ステップ2アカウント認証が必要のないカジノもありますので、その場合はステップ3の入金へとさっそくお進みください。

カジノに入金しなくても、登録ボーナスとして入金不要ボーナスをオファーしているカジノの場合は、この時点で既にあなたのカジノアカウントに登録ボーナスが進呈されるので、早速ゲームでプレイ開始です!

3

カジノに入金する

登録するだけでボーナスやフリースピンをくれるカジノでは、ご自身のお金を入金せずに無料ボーナスでゲームをプレイできますが、ここでは入金して遊ぶ過程からご説明します。カジノゲームで遊ぶために、ご希望の入金方法を選んでカジノに入金します。支払い方法を選択したら希望の入金額を入力し、求められる必要情報を入力して、【入金】ボタンを押します。カジノへの入金は通常即時完了します(銀行振込を除く)。銀行送金を選んだ場合は、カジノサイトから求められる口座番号宛に、ご自身の銀行口座から振込を行い、カジノにお金が届くまで数時間~数日程度待つことになります(日本の銀行営業日のみ処理が行われるため)。

ウェルカムボーナス(初回入金ボーナス)をオファーしているカジノにて、ボーナスを受け取りたい場合は、入金時に【ウェルカムボーナスを受け取る】をクリックします。受け取り取らないというオプションもあるので、その場合は【ウェルカムボーナスを受け取らない】を選択してください。

👩‍🎓オンラインカジノの入出金方法について学ぶ👨‍🎓

▶オンラインカジノに入金する方法

▶オンラインカジノの税金

4

ウェルカムボーナスを受け取る

オンラインカジノでは、初めて入金をしてくれた感謝の気持ちとしてカジノ側がプレイヤーにボーナスを与えます。「我々のカジノに入金してくれてありがとう。ボーナス(またはフリースピンという形で)を差し上げますので、我々のカジノでたくさん遊んでください」と言ったような図を想像するとわかりやすいでしょうか。

ウェルカムボーナスの利点は、ご自身が入金した分で遊んで全損してしまっても、ウェルカムボーナスでもらった分のボーナスが残っているので、そのボーナスでさらに遊び続けられるという点。100%初回入金ボーナス【最大$500】というウェルカムボーナスを提供しているカジノに登録した場合、500ドルを入金すると500ドル分のボーナスがもらえるわけです。つまり、入金した500ドル分+ボーナス500ドル分(ボーナスには賭け条件が付く)があるので、1000ドル分遊べてしまうということです!

ただし、「ただより高いものはない」というコトワザにもあるように、無料ボーナスを貰っても「賭け条件(もしくは出金条件)」というものがついてくるので、この条件を満たすまでカジノで遊ばない限り、出金はできないことを年頭においておきましょう。500ドル分のボーナスをもらったからといって、そのボーナスで適当に遊んで500ドルを現金で引き出せるわけではありません。出金するための条件である「賭け条件」については、カジノボーナス総合ページで詳しく迫っていますのでご参考ください。

各種ボーナスについてはこちらの記事へ▶入金不要ボーナスガイド▶入金ボーナスガイド▶フリースピンガイド▶キャッシュバックガイド

5

カジノゲームで遊ぶ

カジノゲームの知識・人気のスロット機種は?オンラインカジノでは、各カジノサイトにて100〜4000種類ほどのカジノゲームを用意しているので、その中からご自由に好きなゲームをお選びください。オンラインカジノは全くの初心者で、「一体どのゲームから始めればいいかわからない!」という方、ご安心ご無用!TopAsiaCasinosオンラインカジノゲームガイドでは、ゲーム自体を作成しているソフトウェア会社の特徴や、ゲームカテゴリーと種類について詳しく解説しています。どんなゲームがあなたに適切なのかを発見するのに役立ててください。ゲームのペイアウト率ハウスエッジの記事はこちらから。

6

KYC(アカウント認証書類提出・本人確認)

勝利金を出金する前に済ませておく手順です。免許証や住所証明書をカジノに提出しなくても入金までは出来ましたが、お金をカジノから出金する際には、カジノ側がプレイヤーの身元確認を行います。カジノによって指定する書類に多少の違いはありますが、基本的には下記3点セットと覚えておきましょう。

①身分証明書

氏名、顔写真、生年月日、住所、有効期限が確認できるもので、公的機関の印があるもの1点。

  • パスポート(顔写真ページ)
  • 運転免許証(両面)
  • 住民基本台帳(両面)
  • 外国人登録証(両面)
  • マイナンバーカード(両面)

②住所確認書類

3か月以内に発行されたもので、氏名とご自宅の住所が確認できるもの1点。

  • 住民票
  • 公共料金の請求書(電気、ガス、水道、ケーブルTV、インターネット)携帯電話の請求書は不可の場合がほとんど
  • 銀行明細書

③入金と出金に利用する決済方法アカウントのスクリーンショット

  • クレジットカード(カード番号上6桁と下4桁以外は隠す。裏面のCVVコード3桁隠す。裏面署名必須)
  • 電子ウォレット(e-ウォレット)のアカウント詳細画面のスクリーンショット(URL付き)
  • 銀行口座情報のスクリーンショット(口座名義人名、口座番号)

アカウント認証書類は、ほとんどのカジノでホームページ上からアップロードするだけ!通常、「マイアカウント」 –> 「アカウント設定」 –> 「書類」 と言った形で、ファイルを添付する流れになっています。ファイル添付方法がよくわからない場合は、カジノのカスタマーサポートメールアドレス宛にファイルを送信しても受け付けてくれます。

7

出金する

カジノで遊んで勝利金が発生しました!KYC(アカウント認証)も提出し全てカジノ側から認証が完了したので、さっそく出金申請の時がやってきました!

入金時と同様に希望の出金方法を選択、出金額を入金して求められる情報を入力したら、【出金】ボタンを押します。出金に使用する決済方法を選ぶ際に覚えておきたいことは、入金に使った決済方法が必ずしも出金に使えるわけではないということ!決済方法ガイドにて詳しく説明していますが、例えばクレジットカードはカジノ入金専用であり、クレジットカードには出金出来ません。また、銀行送金も、入金には使えたけれど出金には対応していないカジノもあります。一方、Eウォレット(電子決済)と仮想通貨(暗号資産)は、入金にも出金にも使えるのでオンカジ生活には不可欠な決済方法です。尚、エコペイズやビットコインなど、入出金両方に使える決済方法の場合は、マネーロンダリング対策の関係で、入金に使用した決済方法に出金申請を行う必要があります。その点に関しても、オンラインカジノ決済方法ガイドにて徹底的に解説しています。

▶オンラインカジノから出金する方法

▶出金手数料ガイド

完全無料でお試し

完全無料でお試しする方法

カジノ体験の手順が一通りわかったところで、ここからは応用編!

Online Cherry Casino trial otameshi slot game try for free

これからオンラインカジノを始める方、そしてギャンブル自体初めてという初心者にとっては、最初から海外のサイトにお金を入金をして遊ぶのは少し躊躇しますよね?ご心配無料!そんな初心者の気持ちを汲んで、オンラインカジノサイトで提供しているゲームを完全に「無料」で遊ぶことが出来るんです。オンラインスロットはもちろんのこと、テーブルゲームも無料で遊ぶことができます!入金しないでデモで遊ぶので、もちろん勝っても勝利金は引き出せませんが、様々なカジノゲームのカテゴリーからどんなゲームで自分が楽しめるのか、そしてスロットはスロットでもどこのソフトウェア会社のゲームが自分合っているかをまず知るには、無料でまず遊んでみるのが一番です!

オンラインカジノサイトによってはは、サイト登録が必要なサイトもありますが、チェリーカジノ(Cherry Casino)のようにカジノに登録しなくても、無料で遊べるカジノもあります。ゲームページから【お試しプレイ】というボタンをクリックするだけで無料でゲームプレイが出来るんです。

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノを始める際に、まず多くの方が不安になるポイントはこの2点でしょう。

  • オンラインカジノは違法ではないの?
  • オンラインカジノで詐欺に遭うのが怖い

日本人の心境からすると、オンラインカジノは「合法」なのか「違法」なのかという点が最も気になると思います。たとえオンラインカジノに興味があっても、少しでも違法になるようなら怖いなぁと、手を出しづらいという方も少なくないでしょう。まず、結論からいうとオンラインカジノは、政府機関から正式な営業許可を取得し合法的に運営されているため違法ではありません。しかしながら、日本国内でオンラインカジノを利用する行為については、適用される法規制が存在しないため、「合法」でもなく「違法でもない」という【グレーゾーン】となっているのが現状です。

海外のオンラインカジノサイトでも、正式なライセンスを所持していないカジノは違法になるので、TopAsiaCasinosでは、厳しい基準を満たしライセンス所得していている信頼できるカジノだけをご紹介しています。オンラインカジノは違法なの?

日本の法律上のオンラインカジノ

日本のギャンブルを取り締まる法律は2種類あります。現行の刑法では、賭博行為は刑法第185条・第186条で禁止されています。

“第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する”

オンラインカジノ会社はアジア圏ではなく、ヨーロッパで運営されているのが特徴です。つまり、世界中のプレイヤーは、ヨーロッパに拠点を置くカジノ会社のサービスをネット上で利用するという便利な抜け穴を利用して、オンラインカジノでプレイすることができるのです。これはどういうことかと言うと?

☝オンラインカジノ自体を裁く法律が存在しない

☝合法でも違法でもないという、抜け穴の状態

☝海外のカジノ会社が政府発行ライセンス取得して運営している場合は合法

☝日本国内で運営しているオンラインカジノで遊ぶことは違法

オンラインカジノと詐欺?

オンラインカジノに興味があるけれど、 「オンラインで詐欺に合わないの?」「海外のサイトだから不安です」と、オンラインカジノの危険性について初心者の方なら心配されるかもしれません。結論からいうと、オンラインカジノサイトの中には、不正行為を行うサイトも一部存在しています。

と聞いてもご心配なく!そのために我々のカジノガイドが存在します。何百と存在する海外のオンラインカジノサイトの中から、詐欺がなく信頼できるカジノカジノだけをお届けしていますので、TopAsiaCasinosでご紹介するカジノでは詐欺は起こりません。

詐欺のないカジノを見抜く大前提ポイント

✅政府から正式なカジノライセンスを取得した上で運営しているか?→カジノの運営に不可欠な資金力や運営力を監査する

✅第三者機関が中間に入って審査しているか?→ギャンブルの公平さやペイアウト率などを監査するのが第三者機関の役割

✅カジノサイトに運営者情報が記載されていない

✅カスタマーサポートがない

✅利用規約の内容がでらため・わかりずらい

カジノラインセンス

オンラインカジノ運営に必要なライセンスとは?

詐欺行為をはたらくいかさまオンラインカジノがある一方で、優良オンラインカジノは政府が発行するライセンスを必ず取得し、サイト内に表示しています。

ここで紹介するオンラインカジノのライセンスは、取得自体がとても難しく費用もかかり、いかさま詐欺オンラインカジノが取得することは絶対に不可能。そのため、これらのライセンスを取得しているオンラインカジノ会社は、信頼できるカジノサイトと言えます。日本人が利用できるオンラインカジノサイトのほとんどは、マルタライセンス (Malta Gaming Authority)かキュラソーライセンス(Curaçao Gaming Control Board)を取得して運営しています。

いかさまカジノと疑われて詐欺の心配をされないために、優良オンラインカジノは安心安全なカジノ運営体制を作り、時間とお金をかけてライセンスを取得するのです。ただし、ライセンス発行の審査基準と難易度はライセンスによって異なるため、ライセンスを取得していればOKというわけでもありません。そこでさらに必要になるのが、第三者機関による監査です。第三者機関とは、オンラインカジノの運営会社およびゲームプロバイダを監査する独立した専門機関のことで、eCOGRA(イーコグラ)やTechnical Systems Testing (テクニカルシステムズテスティング)が有名です。

カジノライセンスの種類とその信頼性

ギャンブルサイトは、第三者であるライセンス機関からカジノ運営ライセンスを受ける必要があります。これは、そのサイトが適切に審査され、公正なゲームと支払いに関するビジネス基準を遵守していることを示すものだからです。

オンラインカジノが一流のライセンス機関からライセンスを取得するためには、ボーナスや特別オファーなどの約束を守り、マネーロンダリングや詐欺などの違法行為に積極的に取り組み、プレイヤーとその個人情報を保護するために適切な暗号化と措置を講じる必要があります。

日本人用カジノサイトが取得している、審査が厳しく評価の高い世界のライセンス3つをご紹介。

【マルタ共和国】マルタゲーミング委員会 (Malta Gaming Authority)

2000年に発行が開始されたマルタライセンスは、オンラインゲームの首都であるヨーロッパのマルタ共和国のMalta Gaming Authorityの規制下で運命されている取得するのが難しいライセンスです。マルタ共和国のライセンスを持つオンラインカジノは安心ともいわれており、定期的な抜き打ち調査を行うことで、不正がないかを常にチェックしています。また、ライセンスの有効期限は5年となっており、その間で不正が発覚した場合もライセンスは剥奪されるようになっています。

【キュラソー】キュラソーゲーミング委員会 (Curaçao Gaming Control Board)

カリブ海にあるオランダ領キュラソー島にある、eGaming監視機関が発行しているキュラソーライセンスは、1999年からさまざまなオンラインカジノのライセンスを発行してきました。このライセンスはCuracao Gaming Control Boardにより管理され、不正がない健全な運営をしていることはもちろん、豊富な仮想通貨による入出金オプションを許可することで有名です。仮想通貨の需要と人気が増え続ける中、暗号資産での入出金を取り扱うために、キュラソーライセンスへ移行するカジノが増えています。

【ジブラルタル】ジブラルタルゲーミング委員会 (Gibraltar Regulatory Authority)

イギリス領ジブラルタルで発行されるライセンスは、一流オンラインカジノの証といえるほど、ハイグレードなライセンスとして知らせています。1998年からギャンブルライセンスを提供しており、2005年にギャンブルコミッショナーによって任命されたジブラルタル規制当局(GRA)によって管理されています。ジブラルタルのゲーミングライセンスは維持費が高額のため、カジノ会社の経営面での安定性も求められます。ライセンスの審査は、ジブラルタルの政府が直接調査をしており、今までの企業実績に基づいて認可を出しているため、実績を積んでいないオンラインカジノ企業は、まずライセンスを取得することが難しくなります。ライセンスの審査は、ジブラルタルの政府が直接調査に携わり、企業実績に基づいて認可を発行されます。

第三者機関は何を調べる?

第三者機関とは、オンラインカジノの運営会社およびゲームプロバイダを監査する独立した専門機関のことで、eCOGRA(イーコグラ)、Technical Systems Testing (テクニカルシステムズテスティング)、Gaming Laboratories International(ゲーミングラボラトリーズインターナショナル)が業界ではよく知られています。

第三者機関による監査の有無は、オンラインカジノ運営において法的に必須ではありません。

オンラインカジノの勝ち負けはソフトウェアによって結果が決まるので、もしカジノ側が一方的に不正なソフトウェアでゲームを陰から操作していたら、我々ギャンブラーは勝てるわけがありません!そのような不正をカジノ会社が行っていないかと調査するのが第三者機関の役割であり、オンラインカジノゲームの公平性やペイアウト率を審査します。

カジノが乱数発生器を使用している場合、スロットゲームなどの結果が公平でランダムであり、プレイヤーやカジノが操作することができないことも、ライセンス取得の対象となります。

第三者監査機関の種類

  • eCOGRA(イーコグラ)
  • GLI(Gaming Laboratories International)
  • iTech Labs
  • TüV compliant(テュフ コンプライアント)
  • GAMCARE

各第三監査機関についての説明や特徴は、オンラインカジノは詐欺なのかにて解説しています。必見!

乱数発生器 (RNG)

この審査にクリアできるオンラインカジノでは、乱数発生器 (RNG)という完全なランダム性に基づいた公平なゲームの仕組みで運営されているので、不正操作を行うことが出来ません。乱数発生器は、カジノゲームの結果をランダムに生成するもので、カジノ会社が不正操作を行うことを阻止します。例えば、スロット、ジャックポットスロットゲーム、ビデオテーブルゲームなどに使用され、誰も不正をしたり、結果を予測したりできないようにするものです。これは、非倫理的な行為からプレーヤーとカジノの両方を保護し、すべての評判の良いカジノは、乱数発生器を使用しています。カジノが合法的なライセンス機関からライセンスを受けているかどうか確認してください。これらの機関は、カジノに乱数発生器ソフトウェアを使用し、プレイヤーに勝つための公正なチャンスを与えるゲームのみを提供することを要求しています。

納税対象か?

オンラインカジノは納税対象?

ギャンブルで得た利益(配当)は税金の課目では一時所得に当たるため、国内で合法的に運営されている競馬や競艇での儲けも課税対象となっています。パチンコや競馬の勝利金、保険金の払戻金なども一時所得に当てはまります。一時所得とは、給料や経営者が得た利益ではなく、賞金などで突発的に得た収入のことです。

ギャンブルでは納税対象だけれど、法律上「グレーゾーン」のオンラインカジノで勝って得た勝利金は、確定申告が必要かどうか、気になる人は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、オンラインカジノでの勝利金が年間50万円を超えたら、確定申告が必要です。年間50万未満に抑えておけば、特別控除が適応されるのでセーフとなります。確定申告をしなければならないのは、勝利金を50万円以上出金している方は対象となります。引き出し額を年間で50万までに留めておけば、お金はカジノ側にあるので、所得とみなされず、脱税にもなりません。また、利益を得た者が無職で給与などの収入が無い場合は106万円までは税金がかかりません。

パチンコや競馬やランドカジノで勝った場合、その場で現金がもらえるので税金を払わなくてもバレなそうですが、オンラインカジノの場合が入金も出金も全て、電子決済や仮想通貨のデジタル口座に取引履歴が残ってしまうので、納税はしておきましょう。

オンラインカジノで計画的に遊ぶのは当然ですが、税金のことも念頭に置いて計画的に進めてください💖オンラインカジノの税金について知りたい方はこちらへゴー!

定期購読 エクストラボーナス

新カジノとボーナス情報を真っ先に知りたい!

フリースピン! 独占ボーナス! 毎週配信!

登録するだけで、入金不要フリースピン330回分がアカウントに進呈されます。

Sign Up For +100 Free Spins!