ライセンス

目次

ライセンスの重要性

ライセンスの重要性

日本の法律ではカジノが禁止されていますが、海外の会社が運営しているサイト上のカジノで遊ぶオンラインカジノに関しては、日本の法律に定められてないため、合法でも違法でもない【グレーゾーン】という位置に停滞している状態です。もともと欧州から始まったオンラインカジノサイトは、現在では世界中に何千という数が存在しており、日本から利用できる日本語仕様のオンラインカジノサイトも近年急増しています。

日本からオンラインカジノに登録して遊ぶのであれば、カジノが合法である国にてカジノ運営会社が【合法的に】運営されているオンラインカジノを見極める必要があります。その際、政府が発行するカジノ運営許可証となる【ライセンス】を取得しているかどうかという点が、オンラインカジノサイトで安心してギャンブルをする上で大変重要な要素となります。そのため、オンラインカジノサイトに新規登録をして実際にお金を預けて遊ぶ前に、そのカジノサイトに認定カジノライセンス名が記載されているかを毎回意識的にチェックする癖をつけましょう。

このページでは、日本から利用できるオンラインカジノサイトを認定している厳しいカジノライセンスの種類をご紹介していきますが、それらのライセンス名の記載をしていないカジノサイトへの登録は避けるべきです。グレーゾーンであるオンラインカジノサイトだから違法ではないだろうという理由で、カジノライセンスのチェックを怠ると、詐欺と呼ばれるカジノサイトに引っ掛かってしまい、入金したお金を没収されたり、勝利金を引き出せない等のトラブルの元となる可能性もあります。ライセンスを取得していないオンラインカジノは法律違反となります。また、たとえ認定カジノライセンスを所有していたとしても、ライセンスによって審査の基準(厳しさ)やライセンス取得に要する料金は大きく異なるため、ライセンスの特徴についてこのページにてご紹介していきます。

ライセンス発行国と発行機関名

ライセンス発行国と発行機関名

ゲーミング管理委員会とは、国や地域におけるカジノやカジノ以外のギャンブルを規制し、ゲーム法を執行する役割を担う政府機関のことです。ゲーミング管理委員会は通常、管轄区域内でのゲーミング活動の実施方法を規定する規則と規制を公布する責任を負っています。一般的に、ゲーミング規制法は、立法府によって可決され、ゲーミングに関する管轄区域の広範な政策を定めていますが、カジノ施設、カジノ運営会社(経営者)、従業員、および製造元が従わなければいけない要件を定めています。通常、規制は、ライセンス、会計システム、カジノゲームの規則、公正さ、安全性、監査の面など、幅広い活動をカバーしています。ゲーミング管理委員会は、ゲーミング施設、その所有者、従業員、および業者に対してライセンスを付与するか否かの完全な権限も有しています。一般に、ライセンスを取得するためには、カジノ運営会社(カジノオペレーター)が善良的、正直さ、誠実さを持っていることを証明しなければなりません。

一般に、ゲーミングライセンスの申請手続きとその後の調査は、他の政府発行のライセンスを取得する手続きと比較して、かなり負担が大きいものです。このプロセスの難しさは、不道徳な人々や組織犯罪の参加を阻むことを目的としています。

オンラインカジノ運営会社の審査をする際に要する時間は、ライセンス発行機関によって異なります。マルタの場合審査機関は6ヵ月間、一方キュラソーの場合は1.5ヵ月です。また、ライセンスを取得した後も、ライセンス料というものを支払い続ける義務がありその金額は高額であるため、ライセンスを取得し継続的に維持できるカジノ会社は、資金力があり正式に運営されているという証拠になるのです。マルタライセンスの年間ライセンス料は、25,000ユーロ(約320万円)です。

マルタ

Malta Gaming Authority(マルタ・ゲーミング・オーソリティ)は、マルタのゲーム管理委員会です。イタリアの南に位置するマルタ共和国で、ランドベースとオンラインギャンブルサービスの両方を含む、ギャンブルを規制しています。2000年に発行が開始されたマルタ共和国のライセンスは、数多くのゲーミングライセンスの中でも、特に取得するのが難しいライセンスです。MGAでは、6ヵ月間をかけてカジノ運営会社の審査を行います。マルタ共和国のライセンスを持つオンラインカジノは安心ともいわれており、定期的な抜き打ち調査を行うことで、不正がないかを常にチェックしています。ライセンスの有効期限は10年となっており、その間で不正が発覚した場合もライセンスは剥奪されるようになっています。

安心できるオンラインカジノを選ぶのであれば、マルタ共和国のライセンスを取得しているオンラインカジノがいいでしょう。

MGA malta gaming authority logo

キュラソー

The Curaçao Gaming Control Board(キュラソーゲーミング委員会)は、ゲームオペレーター、サービスプロバイダー、ネットワークオペレーター、アフィリエイト、などに対して、オンラインギャンブルライセンスを発行します。そして、このライセンスを取得することにより、各オンラインゲーム会社は合法的に運営することができます。カリブ海に浮かぶオランダ領キュラソー島の、eGaming監視機関が発行しているキュラソーライセンスは、1999年からオンラインカジノのライセンスを発行しており、特に仮想通貨(暗号資産)の入出金方法を取り入れたいオンラインカジノが、このライセンスを取得しています。キュラソーゲーミング委員会では、1.5ヵ月間をかけてカジノ運営会社の審査を行います。

革新的なITインフラ、魅力的な税制、政治的安定性により、キュラソーライセンスは、世界でも最も信頼できるゲーミング・ライセンス・プロバイダーの1つです。

Curacao egaming Online Gambling board

ジブラルタル

Gibraltar Regulatory Authority(ジブラルタル規制局)は、2000年10月にジブラルタル規制法によって設立されました。略してGRAは、ジブラルタルにおいて、電子通信の規制を担当する法定機関で、国の監督・規制当局としての役割を担っています。これらの分野の監督と規制は、国内法に組み込まれた欧州連合の法律に従って行われている。GRAは設立以来、データ保護や、一時期はギャンブルにまでその責任を広げてきました。

このような厳格な背景からもお分かりの通り、ジブラルタルライセンスの審査はジブラルタルの政府が直接調査を行っている上、ライセンスは維持費も高額なので、経営面での安定性を保証できる企業でないとライセンス取得は難しいと言われています。経営状況が安定しているオンラインカジノを選ぶ場合は、ジブラルタルライセンスを取得しているオンラインカジノをお勧めします。

Gibraltar Regulatory Authority logo GRA

イギリス

UK Gambling Commission(英国ギャンブル委員会)は、2007年に英国賭博委員会(Gaming Board for Great Britain)に代わって設立されました。このギャンブル委員会は、英国政府の行政機関であり、英国におけるギャンブルの規制と賭博法の監督に責任を負っています。その範囲は、アーケード、ベッティング、ビンゴ、カジノ、スロットマシン、宝くじ、および遠隔賭博に及びます。

委員会の目的は、ギャンブルから犯罪を排除し、弱い立場の人々を保護することです。事業者にライセンスを発行し、ギャンブル関連の問題について政府に助言を行うだけでなく、すべてのカジノゲームが公平に遊べるよう、RNG(ランダム・ナンバー・ジェネレーター)が正常に作動しているか、設計とおりの還元率が機能しているかを調査し、違法ギャンブルの疑いがある場合は警察と協力するなど徹底した姿勢で審査を行っています。

UK Gambling Commission logo

ライセンスの審査基準

ライセンスの審査基準

世界にはどんなカジノライセンスが存在するかを理解したところで、ライセンス委員会は一体どのような面を審査しているのか気になりますよね?

そこで、マルタライセンスを発行しているMalta Gaming Authority(MGA)の例で、審査項目と審査の流れを見ていきましょう。

1. Fit and Proper【ゲーム業界に適切かつ適合する企業であるか】

MGAは、すべての株主、UBO、及び関連するキーパーソンに関するすべての情報、並びに事業の実行可能性を評価することにより、申請者の適合性及び適正性を評価する。MGAは、国内外の他の規制機関や法執行機関とともに、適正審査を行います。

2. Business Planning【ビジネス戦略という観点から正しいビジョンを用意しているか】

MGAは、申請者のプランについて綿密な財務分析を行う。申請者のビジネスプランには、マーケティングや流通戦略、人事計画、成長目標などを含む、事業の詳細な見通しが求められます。

3. Operational &Statutory Requirements法定および運用上の要件に適合しているか

申請者は、事業を行うために必要な機器について審査されます。このプロセスには、設立書類、運営方針と手順、ゲームとゲーム制御システム、システム、ネットワーク、アプリケーションアーキテクチャを含む技術設定、ゲームの規則、条件、手順、その他必要となる可能性のある書類が含まれます。

さらに、ライセンスは、最低発行済みおよび払込済み株式資本の要件に従います。タイプ1および2の認可を受けたゲーミングサービスライセンスは、最低10万ユーロの株式資本を保持する必要があり、タイプ3および4の認可を受けたゲーミングサービスライセンスは、最低40万ユーロの株式資本を保持する必要があります。クリティカルゲーミングサプライライセンスの保有者は、最低40万ユーロの資本金を保持する必要があります。複数のタイプを持つ企業は、最低24万ユーロを上限として、上記の株式資本要件を累積的に満たす必要があります。上記の3つの要素は、申請要件に関する机上監査を構成するものです。一貫性のない低品質の申請は却下され、申請者は再申請を行うことになります。

4. System Review【カジノサイトリリース前に、技術面や環境面で正しく機能するか】

上記3つの領域がすべて成功すると、MGAは申請者に申請が成功したことを通知し、本番稼動に向けた技術環境への実装を申請者に促します。申請者は、この作業を完了するために60日間の猶予を与えられますが、その後、申請は一時停止とみなされ、再申請の対象となります。申請者は、この60日以内の任意の時点で、外部システムレビュー(事前に承認されたサービスプロバイダから独立した第三者によって実行される)の要求を起動することができます。システムレビューでは、提案されたアプリケーションに対してステージングされた環境が監査されます。この段階では、MGA は申請書からの逸脱を最小限に抑えることを期待しています。ゲーミングシステムに大幅な変更がある場合は、新規申請による再申請が必要です。認証プロセスが正常に完了すると、当局は10年間のライセンスが発行される流れとなります。

定期購読 エクストラボーナス

新カジノとボーナス情報を真っ先に知りたい!

フリースピン! 独占ボーナス! 毎週配信!

登録するだけで、入金不要フリースピン330回分がアカウントに進呈されます。