28/02/2022

オンラインスロットのボラティリティーとは?高ボラスロット機種ランキング

スロットは誰でも簡単に遊べるため、オンラインカジノの中でも特に初心者に人気の高いゲームです。そのためカジノ側もスロットには特に力を入れており、ネット上には現在数千種類ものゲームが出回っていると言われています。これだけ多いとどうやって好みのスロットを選べば良いのか初心者は迷ってしまいます。そこで考え出されたのが、ボラティリティーという一種の指標です。RTP(還元率)とともに、スロットの傾向を表す基準として幅広く用いられるようになりました。ボラティリティーという言葉は聞き慣れない方のために、このページではスロットボラティリティーについて詳しく解説していきます。

Shota Kawasaki
目次

ボラティリティ(変動率)

ボラティリティ(変動率)とは?

ボラティリティとは変動率のこと。スロットゲームの「ジャックポットの大きさ」と「勝利金発生」の比率のことで、変動率の高いスロットはハイリスク・ハイリターン、変動率の低いスロットはローリスク・ローリターンであることを示しています。

「ボラティリティ」という用語は、特定のゲームで負ける危険性を指します。カジノゲームが儲かるかどうかを判断するために、ゲームのボラリティが高いのか低いのかも見て、変動率が高いゲームを選んでください。高ボラティリティのゲームには高いリスクが伴いますが、勝ったときには大きな勝利を得ることができます。一方、低ボラティリティゲームは、負けるリスクが小さく、高ボラティリティゲームよりも頻繁に勝つことができますが、ペイアウトが非常に小さいので、高ボラリティゲームのように大金を獲得できるわけではありません。

儲けたいのであれば、ボラリティの高いゲームを選ぶことになりますが、最初の賭けですぐに勝利金を獲得する可能性は低く、長時間プレイによって勝つチャンスが到来するため、プレイヤーの忍耐力が必要です。また、長時間プレイすることで高額配当を狙うことができるようになることを覚えておきましょう。長時間プレイということは、賭ける額もそれなりに膨らむわけで、経済面での資金力があり、リスクが大きくても構わないカジノ上級者やハイローラーに向いています。

もともと投資関連の金融用語であるボラティリティーは漢字にすると変動性を意味し、リスクとリターンの幅を示します。シンプルな例で説明すると、乱高下を繰り返しがちな新興企業の株式はボラティリティーが高く、長期にわたる実績があって急激な価格の変動が起こりにくい大手企業の株式がボラティリティーの低い投資ということになります。

ボラティリティーはもっと身近なことがらに当てはめることもできます。例えば、1等賞金が数億円になる宝くじ。300円のくじを100枚買ったところで、30,000円を超える払い戻しを手にすることは非常に稀です。ただし運良く当たれば購入資金が何千倍、何万倍にもなって返ってくる可能性もあるので「宝くじは非常にボラティリティーが高い」と定義することができます。次に、300円ずつ賭けて2人でじゃんけんをしたと仮定しましょう。100回勝負すると理論上は3回に1回ずつ引き分けと勝ち負けを2人で分け合うことになり、勝敗が大きく偏ったとしても最終的な資金の増減は数千円程度でしょう。したがって「じゃんけんはボラティリティーが低い」ということになります。

オンラインスロットボラティリティ

高ボラティリティー

高・中・低 ボラティリティ

スロットボラティリティーをより具体的に説明すると「リスクの大きさと払い戻しの頻度、そして期待できる勝利額の大きさ」という指標になり、一般的に高~中~低で表されます。では、それぞれどのような傾向があるのでしょうか?

高ボラティリティースロット

負ける頻度が高くリスクが大きいものの、高額勝利金の獲得も期待できることを意味します。ボラティリティーが高いスロットだと頻繁にペイアウトが発生しません。代わりに、当たったときの一撃が非常に大きくなります。つまり、資金の乱高下が激しくなるということ。刺激を求めるギャンブラー向けのスロットといえるでしょう。

おすすめ高ボラティリティースロット

  • Gonzo’s Quest(ゴンゾズクエスト)
  • Book of Dead(ブックオブデッド)
  • Bonanza(ボナンザ)
  • Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)
Online Casino Slot Gonzo's Quest

Gonzo’s Quest

中ボラティリティー

中ボラティリティースロット

中ボラティリティースロットは高と低の中間に位置するタイプのものです。いいかえれば、ごく平均的な台だということになります。変動率が低いスロットよりも勝利金は大きく、変動率が高いスロットよりも勝てる頻度が高い。最も無難であるため、多くのプレイヤーから人気があります。

おすすめ中ボラティリティースロット:

  • Thunderstruck II(サンダーストラック2)
  • Vikings Go Berzerk(バイキングゴーバザーク)
  • Jumanji(ジュマンジ)
  • Sweet Alchemy(スウィートアルケミー)
  • Wolf Hunters(ウルフハンターズ)
  • Blood Suckers(ブラッドサッカーズ)
Online casino slot Thunderstruck II

Thunderstruck II

低ボラティリティー

低ボラティリティースロット

定期的に勝つことができリスクが小さいものの、その勝利金も小さくなります。ボラティリティーが低いスロットでは、逆に頻繁に払い戻しが起きます。ただし高ボラティリティーゲームほど大きな勝ちは望めません。つまり同じバンクロールでも高ボラティリティースロットより長持ちする可能性が高いということ。賞金の大きさよりも、長くじっくりとスロットを楽しみたいプレイヤー向けです。

おすすめ低ボラティリティースロット:

  • Starburst(スターバースト)
  • Gemix(ジェミックス)
  • Retro Reels(レトロリールズ)
  • Blood Suckers(ブラッドサッカーズ)
  • Aloha Cluster Pays(アロハ・クラスター・ペイズ)
Online casino game slot Starburst

Starburst

 

RTPとの関連性

RTPとの関連性

ボラティリティーとともにスロット選びの指標とされることが多いRTP(還元率)ですが、互いに関連性はあるのでしょうか?

「RTP(還元率)について」のページを読んでもらうとわかりますが、端的にいうと一方がもう一方に作用することはありません。したがって、高ボラティリティーの低RTPスロットや中ボラティリティーの高RTPスロットなど、さまざまな組み合わせによってスロットはさらに細分化することができるのです。

ただしRTPとは異なり、ボラティリティーは高いものであれ低いものであれ、「勝ちやすさ」に相関性はありません。ボラティリティーはスロットの短期傾向を知る目安、RTPは長期的な勝ちやすさを測る目安として覚えておくと便利です。

ボラティリティーの判断基準

ボラティリティーを判断する基準

実は、ボラティリティーを分ける明確な基準は存在しません。一般的には最高配当の倍率が高い(例えば1万倍)ものほど高く、低い(例えば5百倍)ものほど低い傾向にあります。ただし大きな賞金がフリースピンやボーナスゲームに依存する機種も多いので、ペイテーブルを見ればすぐに判別できるというわけでもありません。

例外は、高額のプログレッシブジャックポットつきのもの。これらは超高ボラティリティスロットに分類されます。

大手ゲームプロバイダーの中ではPragmatic Play社が一部のスロットでボラティリティーを公表しているので、感覚をつかんでみたいというかたはデモモードで試してみるのもいいかもしれません。

Pragmatic Play slot volatility

まとめ

まとめ

ボラティリティーは勝ちやすさの目安にはなりませんが、個々のプレイヤーの目的に合わせたスロット選びには使えます。短時間で一攫千金を狙いたい場合は高いもの、長くまったり遊びたいときは低いものを選べば目的達成に近づけるはずです。

定期購読 エクストラボーナス

新カジノとボーナス情報を真っ先に知りたい!

フリースピン! 独占ボーナス! 毎週配信!

登録するだけで、入金不要フリースピン330回分がアカウントに進呈されます。

Sign Up For +100 Free Spins!