Step 6

オンラインカジノで勝つための攻略法ガイド

ギャンブルは娯楽として楽しむもの。これがあくまで鉄則で、オンラインカジノも例外ではありません。中には菩薩の心を持ち合わせていて、負けても目いっぱい楽しめるという人もいるかもしれません。しかし大部分の人にとってはやっぱり勝つことが最大で唯一のゴールであるはずです。このページではカジノ選びから正しいゲームの選び方、それぞれのゲームで勝率をアップさせる方法、そして心理的に注意すべき点などを具体的に挙げていくのでお見逃しなく!ここではオンラインカジノで勝利のチャンスを最大限に上げるコツを経験豊富なプロのギャンブラーがまとめました!

Step 6

目次

10

カジノ攻略法とは

カジノ攻略法とは?

攻略法とはベッティングシステムで、簡単に表現すると「資金管理方法」のことです。カジノゲームで賭ける際に、賭けるタイミング、賭ける金額をルールに従って賭けてることで、ゲームに勝ちやすく・稼ぎやすく資金を調整することが出来ると言われています。

そもそもオンラインカジノに必勝法はあるのでしょうか?答えは「NO」。必ず勝つ方法はありませんが、「勝率を上げる方法」なら存在します。オンラインカジノ初心者が見落としがちな細かなものも含まれますが、塵も積もれば山という言葉もあるように、長い目で見れば今後のオンラインカジノ生活に大きく影響するほどの差になるのです!

TopAsiaCasinosのオンラインカジノの攻略法ページでは、日本人プレイヤーが試せるオンラインカジノの攻略法を紹介するとともに、どのゲームで使えて、勝つ確率を上げるために出来ることなど、初心者プレイヤーにとってわかりやすく解説していきます。

カジノ攻略法の種類

実際のゲームプレイで使える戦略

オンラインカジノでは実践的な戦略を適用することができます。ここでは、オンラインカジノで使われる攻略法・必勝法にどんな種類があるのかを紹介していきます。

TopAsiaCasinosのカジノ攻略法ページでは、下記のゲーム戦略すべてをご紹介しています。

  • マーチンゲール法
  • パーレー法(逆マーチンゲール法)
  • モンテカルロ法
  • ケリー基準
  • キャンセレーション法
  • ダランベール法
  • オスカーズグラインド法
  • ハンディキャップ⚽スポーツベッティング用
  • 1x2ベッティング⚽スポーツベッティング用
  • オスカーズグラインド法
  • ブラックジャックの勝ち方
  • ブラックジャックのカードの数え方(カードカウンティング
  • オンラインルーレットの勝ち方

実際のゲームプレイで使える戦略

マーチンゲール法Martingale)

中リスク&高リターン

負けた時にベット額を前回の2倍にする攻略法

【メリット】1回目負けても次のベット額を2倍にすることで前回のベット額を取り戻すことができる

【デメリット】連敗が重なると資金がなくなってしまう

パーレー法・逆マーチンゲール法(Parlay Method)

高リスク&高リターン

連勝するごとにベット額を前回のベット額の2倍にしていく攻略法。別名、「逆マーチンゲール法」や「アンチマーチンゲール法」と呼ばれる。

【メリット】大金が入りやすい。勝ち続けると勝利金が一気に膨らむ

【デメリット】負けた時の損失額が大きい。資金の損失を心配する人には不向き

モンテカルロ法(Monte Carlo Method

低リスク&低リターン

ルールに基づいた数列をメモしながらベット額を決める

【メリット】低リスク。コツコツと長期型に利益を生む。メモを取りながらできるオンラインカジノならではの攻略法

【デメリット】一気に勝ちたい人には不向き

カードカウンティング(Card Counting)

高リスク&高リターン

既に場に出たカードを記憶することで、残りのカードの状況を読む上級者プレーヤー向けの戦術

【メリット】有利になる場合にのみ賭け金を増やし、損失を最小限に抑えることができる

【デメリット】ランドカジノではバレる可能性が高い。バレるとカジノから退場させられる

ケリー基準(Kelly Criterion

低リスク&低リターン

マーチンゲールやダランベール法と比べると、プレイヤーを損失から守りながら利益を出す攻略法

【メリット】長期的に収入を得ることが出来る。失敗が長引いても、損失が少なくて済む

【デメリット】過剰な利益は期待できない

キャンセレーション法(Split Martingale)

低リスク&高リターン

目標金額を数列に分割し、数列の数が全てなくなると目標金額分の利益が出る攻略法

【メリット】資金がありテーブルリミットを越えずに続ければ必ず利益が出る

【デメリット】連敗時に大きくなるベット額に耐えうるだけの資金量が必要。テーブルリミットを超えると損失が出る

ダランベール法(d’Alembert System)

低リスク&低リターン

勝ったら賭け金を減らす・負けた時は賭け金を増やすシンプルな攻略法

【メリット】勝っている時でも負けている時でも資金の増減が緩やか。低資金かつリスク少。長期型向き

【デメリット】連敗が続くと一回勝っても取り戻しが効かない。一気に儲けることはできないため、短期型には不向き

オスカーズグラインド法(Oscar’s Grind)

低リスク&低リターン

勝ったら賭け金を増やす・負けた時は前ゲームと同額を賭ける攻略法

【メリット】負けても損失額が大きくならずに済む。低資金かつリスク少。長期型向き

【デメリット】勝ちと負けが交互に続いてしまうと、資金に変化なし。一気に儲けることはできないため、短期型には不向き

無料デモプレイを試してみる

無料デモプレイを試してみる

スロットのボラティリティを体感してみるのに最適なのが、どのカジノでも試せる無料デモプレイです。入金する必要すらないので、気になるゲームが見つかったら片っ端から遊んでみましょう!もちろん勝っても実際に賞金を手にすることはできませんが、還元率はリアルマネーモードとまったく同じに設定されているのでスロット選びには欠かせません。

無料デモプレイはテーブルゲームでも行うことができます。こちらはRNGのバーチャルゲーム限定でライブカジノは残念ながら対象とはなっていませんが、新たなゲームのルールを覚えるには最適です。特に状況によってプレイヤーの選択肢が多岐にわたるブラックジャックを覚えるには必須!アクションに時間制限があるライブブラックジャックデビューを果たす前に、みっちり練習を積んでおきましょう!

技術が必要なゲームと運頼りのゲーム

技術が必要なゲームと運頼りのゲームがある

「カジノ」と聞いて日本人が真っ先に思い浮かべるのはブラックジャックルーレット、バカラといったテーブルゲームではないでしょうか?特にブラックジャックは【ヒット・スタンド・スプリット】といった判断を毎回プレイヤーに委ねられるので、スキルゲーム(技術が必要なゲーム)と呼ばれています。初心者はそのときどきの勘で勝負してしまいがちですが、実はこの判断が勝率に大きく影響するゲームなのです。詳しくはブラックジャック攻略法で解説しているので参照してください。最近は設置されているオンラインカジノがめっきり減ってしまいましたが、ビデオポーカーも代表的なスキルゲームの一員です。オンラインカジノに1000種類以上あるゲームのうち、通常はその8~9割をスロットが占めることになります。これは、スロットをプレイするためにスキルが必要ないためで、つまり勝負のゆくえは完全に運任せというわけ。同機種のスロットであれば初心者でもベテランでも勝率はまったく変わらず、カジノ初心者でも気軽に遊べるというわけです。それでも注意すべき点は3つ:

マックスベット

機種によっては全ラインでマックス賭けしていないと配当が落ちるものがあります。ペイライン10本以下の旧型機やプログレッシブジャックポット搭載機に多いのですが、「コインサイズとコイン数」の両方を設定できる台では「コイン数」は必ず最大値に設定しておいて「コインサイズ」によってベットの大小を決めるのが無難です。

還元率

オンラインスロットは機種によって還元率が大きく異なります。一般的には94~98%ですが、まれに85%ほどしかないものもまぎれているので注意が必要です。言うまでもなく、還元率が100%に近いほど勝ちやすいスロットです。ゲームプロバイダーによっては配当表に還元率が明記されているものもありますが、そうでないものはネットで検索してみましょう。

ボーナス購入

最新スロットの中には「ボーナス購入」機能によってボーナスゲームに直接入れるものもあります。厄介なのが、ほとんどの場合に(その差1%未満ながら)ボーナスは購入したほうが還元率がアップするということ。ボーナス購入には通常スピンの20~100倍もの金額がかかるので、ボラティリティにも細心の注意を払わなければなりません。

テーブルゲームの還元率

同じテーブルゲームでもルールによって還元率が違う?

スロットの機種による還元率については上で説明しましたが、実はテーブルゲームもバリエーションによって大きく異なります。最もわかりやすい例がルーレットです。

ルーレットの還元率

  • アメリカンルーレット:94.74%
  • ヨーロピアンルーレット:97.30%
  • フレンチルーレット:98.65%

ダブルゼロのアメリカンルーレットをプレイするメリットは皆無なのですが、実はフレンチ版のほうがヨーロピアンよりも勝ちやすいのです!詳しくはオンラインルーレットガイドで解説しているので、ぜひご覧ください。

最もバリエーションが多いテーブルゲームがブラックジャックで、ランドカジノでも古くから「デッキ数」や「ディーラーのソフト17」、「スプリットは何回まで」といった細かなローカルルールの違いで還元率に差が出るゲームとして知られています。オンラインには「ブラックジャックスイッチ」や「ポントゥーン」といったマニアックながら非常に還元率が高いバージョンも登場しているので覚えておく価値があります。詳しくはオンラインブラックジャックガイドオンラインブラックジャック攻略法のページを参照してみてください。

また、これまでシンプルさが特徴だったバカラにも最近は新ルールを導入したものが登場するようになりました。中でも有名なのが「ノーコミッションバカラ」で、バンカーベットで勝った場合にコミッションがかからない代わりにバンカーの6で勝つと賞金が半分になるというバリエーションです。バンカーベットの還元率は98.94%なので通常ルールと比較して小数点2桁までまったく同じなのが興味深いポイントです。

いずれにしろ、バカラはどんなルールであれタイベットの還元率が非常に低い(85.64%)ので賭けてはならないというのが大原則です。また、同様にサイドベットも一般的にオッズが悪いので悪手となります。さらに突き詰めると、バカラは「バンカーに賭け続けること」が最適戦略としてはっきりしている珍しいゲームということになります。

ちなみに、例外的にライブブラックジャックとプログレッシブジャックポット搭載ゲームでは還元率が100%を超える場合があります。詳しくはカードカウンティングベストオンラインスロットのページをご覧ください。

ボラティリティー

ボラティリティ(volatility)は株式用語と同じく、日本語では「変動性」を意味します。カジノではスロットのタイプ分けに使われることが多く、低ボラティリティーゲームは「小さな払い戻しが頻繁に続く」、高ボラティリティーだと「頻繁に払い戻しがない代わりに一撃が大きい」傾向にあります。わかりやすい例を出してみましょう。極端ながら、まったく同じ還元率で$200の軍資金でスタート、1スピン$1という条件で収束しやすい結果がこちらです:

  • 低ボラティリティー:1,000スピン終了後に-$75、もしくは+$50
  • 高ボラティリティー:400スピンで残高$0、もしくは+$2,000

厳密には還元率と異なり勝率に直結する指標ではなく、何をもってスロットの「勝ち」と定めるか(長い時間遊びたいのか、一攫千金を狙いたいのか)は人それぞれということになります。ただし、ボラティリティーの基準ははっきりとしていないのが困りどころ。プログレッシブジャックポット搭載機とボーナス機能購入は例外的に超高ボラティリティーと定義されていますが、それ以外のスロットは自身の経験で覚えていくほかありません。

カジノ攻略法は合法なのか

これらの実践法は合法?

ギャンブラーが題材の映画で、カードカウンティングが見つかってカジノからつまみ出されるシーンを見たことがある人もいるかもしれません。さらに高度なものになると、電子機器を使ってルーレットの軌道を計算して大勝ちを重ねているところが見つかって逮捕にいたった実例もあります。前者は厳密には「カジノの裁量による出入り禁止」、後者は「ネバダ州法違反」なのですが、オンラインカジノでも同様にプレイヤーが制裁を受けることはあるのでしょうか?

このページで挙げた実践法や戦略に関しては、それはないので安心してください。ただしボーナスやプロモーションの乱用はカジノ側の裁量によって最悪の場合はアカウント閉鎖されることもあるので注意してください。また、日本在住者がオンラインカジノを利用するには20歳以上である必要があります。

定期購読 エクストラボーナス

新カジノとボーナス情報を真っ先に知りたい!

フリースピン! 独占ボーナス! 毎週配信!

登録するだけで、入金不要フリースピン330回分がアカウントに進呈されます。

Sign Up For +100 Free Spins!