モンテカルロ法 | 初心者でもすぐに使える実践例を用いて解説

カジノの「攻略法」や「必勝法」として名前が挙がることが多い「モンテカルロ法」。マーチンゲール法やパーレー法ほどの知名度はないものの、実践的なベッティングストラテジー(ベット戦略)の一種としてカジノを始めたばかりの初心者は目にする機会が多くなるのでは?このページではモンテカルロ法の仕組みと実践例、効果的に使えるゲーム、メリットとデメリットについて詳しくご紹介していきます!

Mimosa Muraki

目次

トップアジアカジノお勧めカジノボーナス

トップアジアカジノお勧めカジノボーナス

10

モンテカルロ法とは?

モンテカルロ法とは?

ベットを倍々に増やしていくだけで非常にシンプルなマーチンゲール法パーレー法に対して、モンテカルロ法は少し複雑です。ベット戦略なので一定のパターンを繰り返していくという点では共通していますが、慣れるまでは紙とペン(もしくはPC/スマホのメモ帳機能)が必須です。

従って、テーブルゲームをプレイ中でも電子機器が自由に使えるオンラインカジノは特にモンテカルロ法実践の場としては適しているといえます。また、低リスクで低リターンなベッティングシステムとしても知られているので、もう少し具体的にいうと「オンラインカジノでコツコツ稼ぎたい」人にとって特に最適な戦略だということになります!

豆知識

数学の世界での「モンテカルロ法」は乱数を用いたシミュレーションや数値計算を行う手法を指し、英語での「Monte Carlo betting method」はスポーツベットに応用されることはあるものの、日本語ではなぜかまったくの別ものとして定着してしまいました。まぎらわしいですが、このページで解説しているのはカジノゲームのベットシステムの一種である日本語でのモンテカルロ法についてです!

モンテカルロ法の仕組み

モンテカルロ法の仕組み

モンテカルロ法は一般的に、ルーレットの3倍配当賭けで最も効果的とされています。つまり「コラムベット」と「ダズンベット」が最も適しています。「赤/黒」や「奇数/偶数」、もしくはバカラなどの配当が2倍になるベットで応用することもできることはできますが、ここではとりあえず配当が3倍になるベットでの手法を解説します。

  1. 1、2、3という整数の数列を書く
    この「1」がベットの単位となります。つまり「1=$0.50」でも「1=$20」でも各自の好みで設定してかまいません。もちろん単位が大きいほど大きな資金が必要になりますが、ここの例ではわかりやすく「1=$1」で解説していきます。この最初の「1、2、3」の数列を「1セット」と呼ぶことにします。
  2. 両端の整数を足したものを賭ける
    最初の段階で数列の両端の数字は1と3なので、これらを足した$4を賭けます。
  3. 負けたら前回賭けた数字を数列の右端に加える
    $4を賭けて負けたとしましょう。数列は「1、2、3、4」となります。
  4. 勝つまでステップ2とステップ3を繰り返す
    つまり$4を賭けて負けたら次は$5、これも負けたら次は「1+5」なので$6賭けることになります。
  5. 勝ったら両端の数字を2つずつ消す
    3連敗したあとでようやく勝てたと仮定しましょう。この時点で数列は「1、2、3、4、5、6」となっていて、つまり$7を賭けて勝ったことになります。ここで両端の数字2つずつ、つまり「1、2、5、6」を消去します。すると「3、4」が残ります。
  6. 残った数字の右端に前回のベットを追加して続行
    上の例だと数列は「3、4、7」になります。つまり「3+7=10」なので次のベットは$10だということになります。
  7. 数列の数字がすべて消えたら新たなセットを開始
    上の例で連勝したとします。数列に残った数字は「3、4、7」なので、$10ベットして勝つと全部消えてしまいます。こうなったら元の「1、2、3」を書き直し、新たなセットを始めます。これは新しいセットの1ラウンド目で勝った場合も同様です。

この例を10ラウンド継続させてみた実践例と結果を見てみましょう(配当が3倍になるコラムベットに1単位$1)。

モンテカルロ法の実践例

実践例

ラウンド数列勝敗賭け金払い戻し金合計収支
11,2,3$4--$4
21,2,3,4$5--$9
31,2,3,4,5$6--$15
41,2,3,4,5,6$7$21+$6
53,4,7$10$30+$36
61,2,3$4-+$32
71,2,3,4$5-+$27
81,2,3,4,5$6-+$21
91,2,3,4,5,6$7-+$14
101,2,3,4,5,6,7$8$24+$38

ヨーロピアンルーレットだとコラムベットの勝率は32.4%。この例だと勝率は30.0%なので期待値よりもわずかに下回っていますが、それなのに38単位分もの利益が出ているのがわかります。

これこそがモンテカルロ法の最大のメリットで、比較的少ない資金でも「うまくハマれば」収益を上げることができるのです。ただしウマすぎる話には必ず落とし穴も?デメリットについてはこのページ下で詳しく解説することとしましょう。

そして(こちらはメリットというわけではありませんが)モンテカルロ法のもう1つの特性が、基本的に連敗したあとの連勝で回収していくスタイルだということ。つまりセットの初っ端から連勝してしまうとベットは初期値で据え置きになってしまうので、あまり旨味がありません。モンテカルロ法はまず負けから入ってそれを回収していくという消極的なベット戦略だということができるかもしれません。

ちなみに1セットは必ずしも「1、2、3」から始めなければいけないというルールはありません。つまり「1、2、3、4、5」などから始めてもかまいません。ただしその場合、自然とベットが大きくなるので資金も多めに必要になります。

モンテカルロ法実践できるゲーム

モンテカルロ法を実践できるカジノゲーム

一般的に、配当が3倍になるルーレットの「コラム」と「ダズン」ベットが最もモンテカルロ法に適しているというのは先にも触れました。これはある程度連敗が続くほうが効果的というモンテカルロ法ならではの特性による理由が大きいのですが、だからといってマーチンゲール方やパーレー法では最適とされる「配当が2倍になる勝率約50%のベット」に使えないというわけではありません。

つまりルーレットなら赤/黒、奇数/偶数、ハイ/ロー、そしてバカラならプレイヤーとバンカー両方のベットでも利用が可能です。ただしこれら2倍配当のベットは3倍配当のベットよりも勝率がかなり高いので、モンテカルロ法を使うと数列がすぐになくなってしまい効果が薄れます。そこで、それぞれのセットを長い数列で始めたり(「1、2、3、4、5」など」)勝った場合に数列の両端の数字を2つではなく1つずつ消すといった工夫をすることで2倍配当のゲームでも効果を最大限活かすことができます。

モンテカルロ法のデメリット

モンテカルロ法のデメリット

いわゆる「ベッティングシステム」や「ベット戦略」には必ずデメリットがつきもの。残念ながらモンテカルロ法も例外ではありません。

必勝法ではない

これはすべてのベットシステムに共通するポイントですが、モンテカルロ法を使えば必ず勝てるというものではありません。
そもそもカジノゲームにはハウスエッジが存在し、ごく一部の例外を除きプレイヤーへの還元率が100%を上回ることはありません。つまりどんなベットシステムであれ、理論的には長く使えば使うほどそのゲーム自体の還元率(RTP)に収束していく(つまりハウスエッジ分負ける)ということです。

労力に対する見返りが少ない

賭け金を倍々にしていくだけのマーチンゲール法やパーレー法と大きく異なる点が、モンテカルロ法では必ず計算が必要になるということです。紙に書いていくのが確実な方法で、慣れてしまえば頭の中で数列を並べることもできますがそれでも長くなればなるほど両端の数字が何だったのか毎回記憶するのは簡単ではないはず。
その上でモンテカルロ法の消極的な特性上、長いラウンド数とセット数をこなさなければあまり効果は現れず、そのわりになかなか大勝が望めるというわけでもないのです。

やめどきがわかりにくい

とりあえず勝てばいつでもやめていいマーチンゲール法に対して、数セット終わった時点で負けている可能性もあるモンテカルロ法はやめどきがあやふやです。さらに、推奨されている3倍配当ベットは連敗がかなり長く続くこともあるのでなおさら。
「負けていても20セット終了時点で必ずやめる」、「最低10セットプレイして、その後トータルでプラスになった時点でやめる」など予め明確なゴールを設定しておかないと資金が尽きるまでいつまでも続けてしまうということにもなりかねません。

ボーナスプレイができない

「オンラインカジノ向け」であるはずのモンテカルロ法ですが、残念ながらオンラインカジノならではのサービスであるウェルカムボーナスや入金ボーナスで試してみることは現実的ではありません。これは、ほとんどのオンラインカジノでボーナスプレイ時の最大ベットが500~600円ほどに制限されているため。これを超える金額を賭けるとカジノの裁量によってボーナスが没収されてしまう可能性があり、そもそもテーブルゲームのボーナスプレイ自体を禁止しているカジノもあるため、モンテカルロ法はボーナスでのプレイは行わないことが無難です。

まとめ

まとめ

長くてコツコツとした作業がどうしても必要になるモンテカルロ法。同じ「連敗後の回収型」であるマーチンゲール法ほどベットが大きくなる恐れがない代わりに、うまくハマればマーチンゲール法より稼げるチャンスもあるというのが特徴です。他のベッティングストラテジー同様、最終的に必ず勝てるという保証はありませんが、忍耐力に自信がある方は試す価値あり!

定期購読 エクストラボーナス

新カジノとボーナス情報を真っ先に知りたい!

フリースピン! 独占ボーナス! 毎週配信!

登録するだけで、入金不要フリースピン330回分がアカウントに進呈されます。