プロギャンブラー解説シリーズ第2弾 | オ ンラインブラックジャックの攻略法

カジノゲームの中ではプロが存在するものとして有名なブラックジャック。つまり攻略法・必勝法が存在するということになりますが、オンラインカジノではどうなのでしょうか?ベーシックストラテジー、カウンティング、カジノボーナスもまじえてオンラインブラックジャックの詳しい勝利法をお届けします!

Mimosa Muraki

目次

トップアジアカジノお勧めカジノボーナス

トップアジアカジノお勧めカジノボーナス

10

オンラインブラックジャックに必勝法はある?

オンラインブラックジャックに必勝法は存在する?

『ブラックジャックに必勝法は存在するのか?』。これはなかなか難しい質問です。ラスベガスやマカオのランドカジノはもちろん、オンラインカジノもすべて営利企業によって運営されています。たとえそうでなくとも運営経費がかかるわけで、プレイヤー全員が毎回勝つようになってしまうとカジノの運営が成り立たなくなってしまうということは容易に想像がつくかと思います。そこで、カジノ業界はルールに細かな変更を加えたりランドカジノはカードカウンターを締め出したりすることでプレイヤーが簡単には勝てなくする努力をしてきています。
では、なぜ未だにプロが存在するゲームとしてブラックジャックが知られているのでしょうか?何とも驚く理由は、大多数のプレイヤーが間違いだらけのプレイをしているから!ブラックジャックだけで生活が出来る程に到達する迄には、カジノ側の対策に対抗するための膨大な知識と分析力、経験が必要になります。
しかし純粋な娯楽として楽しみたいという人でも、いくつかの重要なポイントを抑えておくだけでトータルでプラスになる可能性があるというのが数あるカジノゲームの中でブラックジャックが特に魅力的な理由でもあります。そこで、このページではオンラインカジノでのブラックジャックで勝つためのポイントをご紹介していきます。

まずはテーブル選び

まずはテーブル選び

ひと口にブラックジャックといっても、さまざまなルールのものが存在するということをご存知でしたか?オンラインカジノでもRNGのバーチャル版とライブ版でそれぞれさまざまなバリエーションが用意されており、「どのテーブルに座っても勝率は同じ」ということは決してありません。細かなルールの違いがそれぞれハウスエッジに与える影響はほとんどが1%未満、高くても数%なので一見わずかですが、塵も積もれば山となります。ここでは特に一般的なルールの差異をご紹介しましょう。

デッキの数

デッキ(deck)とは、ブラックジャックのゲームに使う52枚のトランプのこと。52枚の1セットのことをデッキと呼びます。一般的にデッキ数が少ないほどプレイヤーに有利(ハウスエッジが低い)とされます。つまり1デッキ(シングルデッキ)のものが最良なのですが、現在のオンラインカジノはほとんどが6または8デッキとなっています。

ブラックジャックの配当

本来は(A+10)のブラックジャックでプレイヤーが勝つと1.5倍の配当がつくというのがこのゲームの常識だったのですが、シングルやダブルデッキのものを中心に1.2倍だけしかつかないというものが出回るようになりました(英語ではblackjack pays 6:5という表記になります)。これによってハウスエッジは1.4%近くも上昇するので、当たり前ですがプレイヤーにとっては不利です。

ディーラーのソフト17

ソフト17とは、もう1枚ヒットしても絶対にバストしない(A+6)の組み合わせのこと。ソフト17はプレイヤーであれディーラーであれ、必ずヒットするほうが有利です。一般的にはディーラーがソフト17で強制的にスタンドする(dealer stands on soft 17)ものが多いのですが、一部テーブルでは必ずヒットするというものもあります(dealer hits soft 17)。ディーラーがソフト17をヒットするルールはプレイヤーに不利です。

スプリットできる回数

例えば8が2枚配られてディーラーのアップカードが6の場合、スプリットするのが正解なのは直感的にわかるかと思います。では、スプリットしてさらに8が配られたら?
実はテーブルルールによって1回だけしかスプリットできないもの、2回できるもの、無限にできるものに分かれます(ただしAが2枚の場合は例外で、よほどの変則ルールでもないかぎりスプリットできる回数は1回だけです)。スプリットは無限にできるほうがプレイヤー有利です。

ダブルダウンはいつでもできるか

テーブルルールによってはスプリット後のダブルダウンができないもの、もしくはソフトハンド(Aと他1枚の組み合わせ)でダブルダウンできないものもあります。ダブルダウンはいつでもできるものがプレイヤー有利です。スプリットもそうですが、一般的にプレイヤーのアクションに選択肢が多いほどプレイヤー有利なルールと覚えておきましょう。

サイドベットは無視する

テーブルによっては配られたカードでペアができたりスーツがそろったりすることで配当が支払われるサイドベットを導入しているものもありますが、これらは一般的にオッズが非常に悪いことで知られていて、賭けると損です。ただしブラックジャックのメインゲームに影響するわけではないので、サイドベットがあるテーブルだからといって避けなければならないというわけではありません。

ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジー

ディーラーの9に対して自分の16はどうするのが正解?(A+7)が配られて、ディーラーが6を見せている場合は?
「勘に頼る」は残念ながら不正解。前者は必ずヒット、後者はルール上許可されていればダブルダウンが正解となります。
これが初心者が最も誤解しやすい部分なのですが、ブラックジャックではディーラーが見せているカード(アップカード)と自分の手札によって最適解(つまりプレイヤーに最も有利)となるアクションは決まっています。先人たちの苦労によってこれらはベーシックストラテジーチャートというものにまとめられているので、初心者のうちは必ずこれを見ながら忠実に従ってプレイしましょう。

ベーシックストラテジーチャートの検索と使用方法

ベーシックストラテジーチャートはテーブルのルールによって異なります。先の「まずはテーブル選び」で挙げた細かな違いによってもチャートに差異が出ますが、主な違いはデッキ数と「ディーラーのソフト17」の扱いです。プレイしたいテーブルがどれに当てはまるかを確認した上で、例えば6デッキのディーラーがソフト17でスタンドするテーブル(オンラインカジノで最も一般的なブラックジャックルール)では「6 deck blackjack basic strategy chart delaer stands on 17」と入力して画像検索します。すると下のようなチャートが見つかるはずです。

  • 上段の数字:ディーラーのアップカード
  • 左側の数字:プレイヤーのカード
  • 黄色のH:ヒット
  • 緑のS:スタンド
  • 赤のD:ダブルダウン
  • 青のSP:スプリット

blackjack basic strategy chart

例えば、冒頭の「ディーラー=9」で「自分=16」の場合は最上段の「9」と左端の「16」が交わる場所を見ます。黄色の「H」、すなわちヒットが正解ということになります。
同様に「ディーラー=6」で「自分=(A+7)」の場合は赤のD、つまりダブルダウンが正解です。自分のハンドが改善するカードはA、2、3だけなので一見すると理に反しているようにも見えますが、「ディーラー=6」は最もディーラーがバストする可能性が高い状況。せっかく賭け金を2倍にできるならしない手はありません。ここでスタンドしてしまうと無駄にハウスエッジを上げる(還元率を下げる)行為となってしまうのです。
ちなみに左端の「A,A」や「2,2」は自分の手札が同じ数字のペアになっている場合です。ここでも特に「9,9」や「6,6」などでのスプリットは意外なのでは?なお、スプリット後に2つに分かれたハンドはそれぞれ再び新しいハンドとしてこのベーシックストラテジーチャートどおりにプレイします(つまりスプリットやダブルダウンも同様に行います)。

ライブテーブルでカウンティング

ライブテーブルでカウンティング

RNGのバーチャルブラックジャックは毎ラウンドカードがシャッフルされるので通用しませんが、ライブディーラーゲームならオンラインカジノでもカードカウンティングすることができます。
ただし通常のライブブラックジャックは6~8デッキを使う上、シュー(全デッキ)を半分ほど使い切っただけで再びシャッフルされてしまうのでカウンティングの効果が出るまでかなりの時間がかかるとされています。言い換えれば有利なカウントになかなかならず、その分忍耐も必要になるわけです。
ただしその反面、ライブブラックジャックテーブルはカードカウンティングにおおらかで、公に禁止しているというオンラインカジノもありません。実践するには最適の場なので、時間に余裕のある人は試してみる価値があるといえます。

ライブカジノボーナス

ライブカジノボーナス

ひと昔前はオンラインカジノボーナスの賭け条件が非常にゆるく、ブラックジャックをプレイし続ければ確実に利益を上げられるという時代もありました。現在は一般的なオンラインカジノではブラックジャックを含むテーブルゲームのプレイが賭け条件にほとんどカウントされず、中にはプレイ自体が禁止されているものもあります。
ただし稀ではありますが、今でもライブカジノ専用ボーナスをオファーしている貴重なオンラインカジノは存在します。ウェルカムボーナスだけのものもあれば定期的にリロードボーナスとしてオファーされているものもあるので、せっかくライブブラックジャックをプレイするならこれらを有効活用しない手はありません。

まとめ

まとめ

戦い方によってはプレイヤーに十分な勝機があり、カジノゲームとしては非常に貴重なブラックジャック。オンラインカジノなら、ラスベガスやマカオのランドカジノよりもむしろ勝てるチャンスが高いのが特徴です。まずはRNGの無料デモモードでベーシックストラテジーをしっかり頭にたたき込んでから、ライブテーブルでカウンティングに挑戦してみては?

定期購読 エクストラボーナス

新カジノとボーナス情報を真っ先に知りたい!

フリースピン! 独占ボーナス! 毎週配信!

登録するだけで、入金不要フリースピン330回分がアカウントに進呈されます。